topread.jpg

勁草書房 ★★★
tennonogun.jpg
あちこちに出した何本かの論文(というべきでしょう)を集めたものです。けっして読みやすい初心者向けではなく、ある程度の知識がある層、歴史に関心ある読者向け。

というわけで、これを簡潔に評することは不可能ですね。

で、面白くて記憶に残った部分。

満州・北支()とズルズル侵攻。そのまま宣戦なしで本格化。これは軍部が汚い、誤魔化しと見るのが通例だったと思いますが()、実はけっこう苦し紛れ。理由は米国の中立法です。米国が「中立」の概念を勝手に変えた

従来だったら中立国はずーっと中立で、どっちの国にも何もしません。でも新方式では、中立国であっても悪の国に制裁ができるようになった。そう、米国が決めたんだから仕方ない。

というわけで、もし日本が中国と公式に戦争を開始すると「悪」ということになり、中立国である米国は財政措置とか輸出入禁止とか、きつい制限をかけてくるはずです。これが非常に困る。致命的。だから日本は中国と「戦争」はしない。すべて「事変」です。

しかし本当に米国が日本に対して容赦ない厳しい態度だったかどうか。このへんは難しそうです。たとえば石油の輸出制限。実はあんまり日本が辛くないように、ちょっと緩いところにリミットを置いてあったり。ただそうした配慮を日本政府は完全に理解していなかったらしい。リットン調査団の報告書のときもそうです。

また、敗戦の後、復員兵たちはけっこうな物資を背嚢に入れて持ち帰った。国内でも下士官クラスが倉庫を破って、どんどんトラックに乗せて持ち出したとか。皇軍の腐敗というニュアンスで語られています。でも実際にはこれは軍上層の方針だったらしい。進駐軍がくればどうせ押収される。それなら事前に分配してしまおう。ただし現実には有償か無償か不明ながら「払い下げ」もかなり多かったらしい。

兵器なんかは一応おとなしく提出。しかし提出した武器は米軍の指令下、これまで製造納品していた兵器業者が今度は解体を受け持ち、資材を民用に転換するはず。一応はアイディアです。

そうそう。東久邇宮、伏見宮、秩父宮などなど、昭和天皇はあんまり信用していなかった雰囲気がある。実は秩父宮を大臣にという案もあったらしいです()。また天皇が戦争をおさえるために御前会議を希望すると元老の西園寺は反対した。もし会議の決定に従わない連中が出ててきたら天皇の権威に決定的なキズがつくから、というのが理由。天皇の権威といっても、そう磐石なものではなかった。実際、けっこう言うことが通らなかったりもした。(

別口では、はるか昔の日露戦争。あれ、司馬さんの書き方では皇帝おきにいりのベゾブラーゾフあたりが極東総督アレクセーエフに対日強硬けしかけて、結果的に開戦・・・の雰囲気ですが、実際にはロシア側から戦争回避の動きがあった。和平の可能性もあったらしい。ただ少し時期が遅くて間にあわなかった。たぶん司馬さんはヴィッテ(外務大臣だっけ)にひきずられすぎたかな。新資料が出てくると、こうした研究解釈、ガラリと変わります。難しいものなんですね。(

ということで、ザーッとは読んだけど、ザーッ・・だけじゃ無理な本です。もっとじっくり読まないといけませんね。

それにしても・・です。加藤陽子はなぜ学術会議メンバーから外されたのか。こんなふうな地道な論文を官邸周辺の連中、読んでるとは思えないし、なんか初心者向けの本の数行あたりで「加藤という女はけしからん。サヨクか!」とか勘違いしたのか。アベとかシモムラの気にいる学者でないにしても、とくに嫌われる要素もないと思うのですが。わからん。あの連中の考えることはわからん。

「北支」が変換で出ない。え?とまず「支那」を出そうとしたけどこれも無理。そうか、使っちゃいけないんだ。そういえば「悪い言葉だろうか」と高島俊男センセがどこかで書いていた。昔、シンタロもそんな趣旨でわめいていたような。

対中国のこの一連の政策行動、かなり恥ずかしいよなあ・・・と政府中枢も思ってはいたらしい。

もし秩父宮が大臣ということになれば、実質的には昭和天皇の逼塞でしょうね。権力移行。

当然のことながら、天皇もお飾りではなく、けっこう積極的に発言はしています。ただあまり通らなかった。

日露開戦なんかも、臥薪嘗胆だった国民が大歓迎・・という従来説には少し疑問が出ているらしい。

またメガネのレンズが落ちた。使い方が下手なせいか、よく落ちる。

手持ちのセットの中のいちばん細いプラスドライバーを使えばいちおうは締まるけど、そのうちまた緩む。もっとキッチリ締めたいけど、無理するとネジ山をなめて壊してしまうんですよね。

決心してアマゾンで精密ドライバーを注文しました。もっともらしい名前のブランド(VESSEL)で3本セット()。プラスが2本、マイナスが1本でサイズ番号は「+00 」 「 +0 」 「-1.8 」らしい。このうち「+00 」がZoffのメガネのネジに適合するとどこかに書いてあったので信用した次第。800円強。ドライバーにしてはそこそこの値段ですが()、これくらいのほうが信用できます。ドライバー先端の精度(と硬度)ってピンキリなんです。

seimitsud.jpg
商品が届く前日にも、実はレンズがまた落ちた。でも締めたいのを我慢して、軽くはめこむだけで放置。で、到着した新品の「+00 」をさっそく使ってみると、うん、ピタッと合う。力を入れなくても最後までスムーズにキッチリ締まりました。気分がいい

ドイツふうですが、日本のメーカーらしい。
6本セットで400円とか8本で600円とか、安いのが多いです。3本800円強は高級品。

ネットをうろうろしていたら、高島俊男さんが亡くなっていたと書かれていました。この4月の初めです。一瞬コロナかと思いましたが、ちがった。心不全とか。

このところ目が悪くて、たいぶ前から口述筆記に頼っているという話は知っていました。享年84。トシに不足はないともいえますが、まだ惜しいなあ。もう少し書いてほしかった。

しいて肩書をつけると何になるんだろ。中国文学者。漢字研究者。辞典愛好家。エッセイスト。けっして多くはないだろうけど、熱烈猛烈なファンをかかえているはずです。ただ惜しむらく、すぐケンカをする。編集者をけなす。バカにする。自分の本を出版してくれる版元にもケンカを売る。百も承知でケンカするんだから仕方ないです。世間を狭くしてしまった。

たしか復刊された薄田泣菫の「茶話」がなぜ面白くないか・・・の疑問がキッカケになって、高島俊男という名前を知りました。13年前。この記事です。

chugokunodatouzoku.jpgのサムネール画像以後は「お言葉ですが 別巻1 2 3」  「お言葉ですが 4 5」  「漢字の慣用音って何だろう?」  「お言葉ですが別巻6 司馬さんの見た中国」  「座右の名文 ぼくの好きな十人の文章家

こうしたエッセイもいいですが、やはり本命は中国の大盗賊・完全版でしょうね。非常に面白い本でした。おすすめ。

本が好き、悪口言うのはもっと好き・・・な人だから仕方ない。もって生まれた性分。


エレベータを使わず階段を降りると、途中で共同玄関部分の屋根を見下ろせます。平らなコンクリートの屋根。つまり平屋根、フラット屋根。

で、その平坦な屋根の中央あたりに、スチールの円筒形が突き出ている。スチールというよりステンレスかな。大きさは少し大きめの茶筒です。たぶん500gくらいは入る。

なんだろうな・・・と前々から疑問に思っていました。そのうちネットで調べてみようと思いつつ延々数年。すぐ忘れるんですよね。

dakkitou.jpg
「脱気筒」というんだそうです。なんの「気」を逃がすのか。

こうした平屋根はとうぜんしっかり防水されてるわけですが、雨に濡れたり水が溜まったりすると、どうしても多少は湿度が高くなる。つまり防水層と下地のコンクリートとの間に水蒸気がたまります。湿気と乾燥の繰り返しは劣化に繋がるので、やはり逃がしてやったほうがいいですね。その排気用の装置が「脱気筒」。

たぶん、図のような仕組みなんだと思います。ようやく疑問が解消した。

ワクチン予約が開始。電話はもちろん通じ ません=想定内。

WEB予約を試みてみたが、うーん、ずいぶんデキの悪いシステムだなあ。各自治体分をおそらく東京都が一括して作成代行している模様。ただ「次に何をするのか」の流れが不明瞭で、会場検索がむやみにエラーを吐きっぱなし。3回トライしてみてやっと仕組みを理解できた。

結果は、もちろん満杯・・・・です。たぶん。実はそれすら明瞭にはわからないけど。そのうちまたトライしてみる予定。 (いつトライしてみるのが正しいかも不明 ) カフカの世界だなあ。

市役所サイトを調べて解明。追加の予約枠は5月の中旬から開始になるらしい。頃合いを見計らってトライ開始しろということね。ふーん。
PHP研究所★★★
rengokantai.jpg
半藤はもちろん文春出身の昭和史家(か?)、秦は二次世界大戦あたりを中心の軍事史家、戸髙は戦後生まれで呉の大和ミュージアム館長

その三人が連合艦隊12隻の戦艦についてきままな放談。そうか、連合艦隊には戦艦が12隻もいたのか。

12隻は金剛、比叡、榛名、霧島、山城、扶桑、伊勢、日向、長門、陸奥、大和、武蔵。このなかで(大和、武蔵は別格として)長門、陸奥というのも格上の戦艦だったらしい。知らんかった。長門は連合艦隊の旗艦として記憶。陸奥はたしか原因不明で爆沈したような。戦後の人間からすると、ちょっと影が薄い船です。

それぞれの戦艦の運命を語ってるんですが、うーん、どれもこれも、一部をのぞいて不本意な生涯です。巨費を費やして建造されたのに能力を生かすことなく、結局は無駄に沈む。

そうそう。この三人、栗田提督については、レイテ湾の謎Uターンだけに限らず、そもそもがそういうタイプの人だったという前提でしゃべっています(1)。常識なのかな。また栗田提督だけでなく、そもそも虎の子戦艦、みーんな動き方が慎重すぎる。用心ぶかすぎた。沈めちゃいけないってんで、大事にしすぎた。だからレイテ湾だけでなく、せっかくの戦艦群、ひたすら無駄に油を燃やし続けて死に場所を失った。。

ついでですが、ミッドウェーの南雲提督。山本長官とはあまり肌があわなかったらしい。山本は飛行機家。南雲はコチコチの艦隊派。それなのにミッドウェーは南雲にまかせたし、負けてからの責任もとらせなかった。これは美談のようで、違う!と三人は言います。こういう温情みたいな処置、山本五十六の大失敗だったんじゃないだろうか。南雲を罷免して自分もやめる。つまり組織大改革が必要だった。

ぜんたいに読みやすい内容ですが、読了して悲しくなります。比較的マシだったといわれる海軍ですが、しょせんは硬直した「官僚組織」ですね。軍人官僚。年功序列。組織がガチガチで柔軟性がない。縄張り争い。頭が固い。思い込み。決めるともう変更できない。目的と手段の混同。現在のコロナ対応に追われる政府みたいな感じで、怖いくらい似ている。悲しいくらい無能。(2 3)

最後の大和の出撃。これも何のための出撃だったのか。指令から読み取れるのは「海軍の伝統と名誉のため」です。海軍のために死ね。米軍に渡したくなかったのか。ウソでもいいからなぜ「日本国のため!」と言えなかったのか・・と戸髙さんだったかな、怒っていました。もっともです。

ほんと、負けるべくして負けた。戦艦の目的である華々しい砲撃戦だって、やったのは1回だった2回だったか。そんな程度です。おまけに巨砲は当たらなかった。日本海会戦ではよく当たったけど、あれは射程をギリギリ詰めて、怖いけどごく近距離から打った。

「射程3万メートルなんて、そんな水平線越しの砲撃して当たるわけがないんです」とか。3万メートル飛ばすと着弾まで1分だったか1分半だったか、けっこう時間がかかるらしい。建前上は観測機がいることになってるけど、実際の運用は大変です

日本の誇る新型魚雷なんかも射程距離が長すぎて、これがアダになったらしい。なまじ届くもんだから水雷艇が踏み込まない。遠くからへっぴり腰で発射する。だから当たらない。すべてが悪循環。アウトレンジ戦法の誤算(4)

1 ついでに。なんの話だったか、航空参謀の源田実もけっこうくさされていたような。戦後生まれの素人にはうかがいしれない、研究家たち共通の「常識」があるんだろうか。

2 配置は卒業時の成績で上位から戦艦、巡洋艦・・・・と振り分け。最下位が駆逐艦や水雷艇なんかの担当になった。しかし実際によく働いたのは駆逐艦などの小艦。役にたつはずの人材が実は役にたてなかった。

3 魚雷監視のソナー担当なんかでも、優秀なベテラン連中は戦艦とか巡洋艦。成績不良や新米は駆逐艦とか。しかし実際にはエンジンが近くてうるさい小艦艇の場合、ソナー探知は非常に難しいらしい。難しい部署に新人がいくから、現実には役に立たない。ついでに、大切な戦艦はあまり危険な海域には派遣されなかったので優秀なソナー担当は暇していた。

4 日本の兵器の特徴で、魚雷も優秀だけど敏感すぎた。だから優秀なパイロットしか使いこなせない。高度からドボンと落とすと爆発した。レイテだったか、敵雷撃機が高いところから魚雷を落としているのに、日本側は「爆弾投下」と勘違いしていたらしい。

ミッドウェー時点ですでにレーダーは完成していた。ただし実戦投入の戦艦や空母には搭載せず。レーダーをとりつけた軍艦(日向かな)はなぜか後方から付いていっただけらしい。なんかやることが中途半端。もったいない。

ガダルカナルで滑走路にむかって史上初の艦砲射撃をしたのは日本の戦艦(※追)。ただし運もあって効果があまりなく、おまけに非難された。不発弾を拾われて新砲弾を研究されたらどうする! で、米軍はこの「艦砲射撃方式」を気に入ったらしくすぐ採用した。

※追 このとき山本長官から砲撃命令をうけた栗田はいやがったということになっている。

特に無関心だったわけではないが、いつのまにか事情が変わっていたもの。浜辺をボーッと歩いていた浦島が、ふと周囲を見回して「あらら、景色が違う知ってる顔が見当たらない・・」とわめくようなものです。ずいぶん前からそうだろうが。気がつかなかったのか。

親指シフトキーボード
fmkb2021.jpg
まず去年の夏、親指シフトキーボードの販売停止が発表されていた。

親指シフトユーザ、日本中にいったい何人いるのか。数千人なのか、数百人なのか。どっちにしても古くからの親指シフト(あるいはNICOLA 配列)支持者なんて絶滅危惧種であるのは事実です。

ただ、その割りにはしつこく生き残ってきました。ユーザもしぶとかったし、富士通も文句いわれながらも細々とよくサポートしてきた。自分も前々から用意はしていて、はて、これまで何枚のキーボードを買い込んだか。富士通謹製キーボードって、かなり高価です。標準で3万円かな。いまどきでは非常識な値段です。

ただしべらぼーに丈夫ですね。ていねいに使っていれば、ま、15年や20年はもつ。いま使っているのが仮に壊れても、予備がもう一枚あるし。ただ予備は完全ではなく、実は左のShiftキーの具合が悪い代物。押すと内部のパンタグラフがゴリッとひっかかるんです。でも我慢すればなんとか使えるレベル。大事にしておこう。

有線マウス M500t
logi2021.jpg
もうひとつう愛用のロジクールのM500tという有線マウス。これも廃盤になっていた。後継がM500sという名前で、外見は同じだけど中身が少し変化している

 カスタマイズ可能なボタン数 2 → 5
 DPI調整 ナシ → 可能
 レーザ → 光学


なぜ変更したのかは不明。ただこのロジクールという会社、いいものは作るんだけど販売政策については「?」が多い雰囲気です。

数年前には製品をいっせいに大幅値上げしたり、前にもM500 → M500t と型番だけ(たぶん)変更したり。で、今回は定番人気のM500tを廃止する。なんか具合の悪いことがあったのか、変えた方が儲かると思ったのか。評価レビューを見ても、変わって(少なくとも)ここがよくなった‥という声はみあたらない。

そうそう。ここはブランド名もいろいろ変遷している。知ってる限りでも
  ロジテックロジクールロジ
なんか意味があるのかなあ。

知って、すぐ買おうとしたけど出遅れ。もう売り切れになっていました。ま、賢いことに数年前の気働きで、新品を1コストックしてはあるんですけど。たしか当時5000円近くはした記憶あり。その数年前、底値では3000円を切っていたと思うんですが、なぜかこの頃には買えなかった。

これからも、もしも出物があったら賢く即座に確保する予定です。一生使い続けたいと思うようないいマウスです。




朝日新聞出版★★
tennotonuhonjin.jpg
副題は「ハーバード大学講義でみる『平成』と改元」。著者は日本研究がテーマだそうで、現在はオレゴンだったかコロラドだったか、そのへんの大学に在籍。

で、日本の皇室とか昭和天皇、平成天皇あたりに興味をもって調べてきた。右派vs左派ガチャガチャしている敏感なテーマですが、本人はあくまで外国人、不偏不党、客観。本音としては「中道左派」あたりの位置なんだけど、だからといって日本の左派・進歩派に共感とは限らない。この連中と話をしても予想のつくことばっかりで驚きがない。つまらないんだそうです。

逆説的ですが、右派・保守・ウルトラライトってのは、あんがい進め方が民主的なんじゃないか。ゴリゴリの牙城とされる神社本庁なんかも、意外に粘り強く(いわば民主的に)一歩一歩手続きして意志を政治に反映させている。

全般、書かれていることは、ま、常識的です。多くの日本人が思っているのと同じ。このままの皇室ではどうにもならないのに、政権(特に安倍政権)は何もしないでズルズルひき延ばしている

そうそう。戦後すぐ、天皇責任論を主張して吉田茂を責めた若い政治家がいて、なんと中曽根康弘。保守合同の前です。その中曽根が総理になってバリバリの保守と見られるようになるとは、不思議なものです。政治ってのはそんなものなんでしょうね。(ずいぶん前、中曽根自身が語った「外交史」を読んだことあり。それなりに面白かったけど、もちろん都合の悪い部分はオールカットでした)

もうひとつ。へぇーと思ったのは、昭和天皇が頻繁に政治レクチャーを受けていたこと。けっこう質問することも多かったそうで、侍従なんかにはいろいろ文句も言っていた。たぶん本人は(表面に出る行動は控えていたけど)自分を本心から「象徴」とは見なしていなかったらしい。形の上では半生ずーっと元首だったんですから、そう急に変われない。当然ですね。

それに反して明仁上皇は、自らを「象徴」として律してきた。不満だけど従って・・ではなく、行動規範として「象徴」であり続ける。少年のころからそう生きてきたんでしょう。

で、元天皇はどうなのか。それはまだ不明です。

思い出した。もうひとつ新知識。北欧あたりの王室、あれは「自転車王室」なんだそうです。王様が自転車にのって、そのへんのカフェに入ってお茶をのむ。そういう王室のありかたですね。なるほど。


とりあえず落ち着いたけど、いまはこんな状況です。VDSLモデム、ひかりルータ、無線ルータなどが林立(!)し、電源ケーブル、DCコンバータ、電話用のモジュラーケーブルなどなど縦横無尽。

hikari202104.jpgけっこう壮観です。夜中に目がさめて眺めると赤や緑のLEDが点滅していて(だれがアクセスしてるんだ)けっこう綺麗です。


河出書房新社★★★
kojiki-ike.jpg
例の「池澤夏樹 個人編集」の全集、巻1です。いい本を揃えたシリーズだけど、なぜか読破できないことが多い。また期限までに読み切れないことも多い。文字量が多いだけなのかどうか。

とちくるって古事記なんか借りてしまいました。池澤の新訳なら読めるかな‥と思ったんですが、やはり大変です。どうしたって所詮は古事記ですから。

で、飛ばし飛ばし読みあさって()、つまらないことだけ目についた。まずカミサマとか天皇とか、みんななにかというと美女を探す。探して、求愛して、すぐ寝る。すぐ子供をつくる。他にすることはないのか。ま、大事なことではありますが。

ついでですが、(強引な)求愛の手段として「杼(ひ)とか矢に化けて、ぼーっとしている美女のホト(陰)を突く」がある。なんかこだわっています。急に突かれたほうは困惑するでしょうけど、たいていはそのまま添い寝する。

もうひとつ。戦争とか、征服とか、粛清とか、やたら策を弄します。嘘をつく。だまし討ち()。策といっても非常に幼稚なレベルなんですが、田舎の豪族とかなんとか、シンプルな連中なのですぐだまされる。神の系譜、皇統、ひときわアタマがいいということをアピールしているんだろうか。

脚注がたっぷり入った構成ですが、池澤夏樹の注によると古事記(というか稗田阿礼か)にはクセがあって、人名とか地名とか、かなり作った部分がめだつ。事実だけを伝えるというより、なんか「楽しい歴史ストーリーを(少し脚色して)詠唱しました・・・」という感じでしょうか。


ダレソレのミコトがナントカヒメに生ませたのがアレコレ、コレコレ、ソレソレ・・・。延々と続く。さすがに真面目には追いきれない。旧約にも同じような人名羅列がありましたね。ふるいものの特徴なのかな。

典型的な例が、オウスのミコト(ヤマトタケル)の女装襲撃殺人。騙されたのはカワカミタケルだったっけか。こうした策のパターン、やたら目につきます。というか正々堂々の戦闘のほうが少ない。

アーカイブ