topread.jpg

昨日の予算委員会、民進の桜井が山本地方創生を罵倒したシーンがいちばん受けた。

なんというか、トラとかサイ、ワニと対峙するつもりで身構えていた桜井の足元を、予期せぬ大ウナギかなんかがニョロニョロ這い回る。生理的にゾーッとしたんだろうな。それで「くるな!」「出て行け!」という叫びになった。

あれは心の底からの嫌悪だったと思います。政治家らしくない対応ではあるけど、仕方ないよね。

★★★★ 文藝春秋
showashisaiban.jpg
太平洋戦争の真の責任者は誰だったのだろうというテーマです。ただし軍人をリストアップすると(当然のことながら)候補が多すぎるのであえて民間人に限定。さらにグググッと絞って広田弘毅、近衛文麿、松岡洋右、木戸幸一の4人とオマケで天皇。はて、彼らは有罪か情状酌量の余地ありか。

半藤一利がいわば検事の役割でまず難詰します。それを加藤陽子がなるべく弁護する。加藤陽子という人、文藝春秋なんかでよく活躍している歴史学者だそうです。日本の近現代史が専門。

で、内容ですが、想像していたとおりですね。まず広田弘毅は決して無実とはいえないようで、戦争突入の責任がかなりありますね。半藤ジイさんは「広田って気分的には軍人だったんじゃないかな」。要するに城山三郎さんが「落日燃ゆ」でちょっと持ち上げすぎ。それほど見識ある人物じゃなかった。

次に近衛文麿は、まあ想像通り。天皇の前で足を組みかねないほどの格で、頭も切れるし実行力もあるはず。なのに、肝心な場面では何もしない。本人なりには構想があるらしいんですが、なぜか間違ったことばっかりやる。そしてすぐ逃げ出す。要するにお公家さんです。徳川慶喜みたいな部分もある。一見すごいのに結果が伴わない。信念と覚悟がない

定番の松岡洋右。みんなが非難するほど悪いやつではなかったかもしれない。悪名高い国連脱退も三国同盟も、すべての責任を松岡にかぶせるのはすこし酷。性格が性格なんで誤解されるのも仕方ないし、実際天皇にも嫌われた。ま、だからといって同情すべきタマでもないようですが。

そして木戸幸一。私、この木戸についてはほとんどイメージがありませんでした。なんか静かな老人という雰囲気でしたが、写真をみたらだいぶ違いますね。ひそかに「野武士」と豪語していたらしい。木戸孝允の孫で役人出身で背が低くて天皇の側近で、たぶん非常な策謀家。で、ゴルフばっかりしていた。


読み終えて感じたのは、当然のことながら人物も動きもグタグタ錯綜して、時代は複雑怪奇だったんだなあということ。軍部が独走して政治家が小心で、だから戦争になった・・・なんて簡単な話にはならない。

たとえば外務省の主流は対米強硬派で、日米交渉にあたった野村吉三郎を邪魔し続けた。周囲や部下が妨害して交渉がうまく運ぶわけがない。一時期ですが、陸軍よりも海軍よりも外務省が強硬だったこともある。また新聞も雑誌もいい気になって行け行けドンドン囃したてて、軍も政府も迷惑するほどだった。ただし末期になると、逆転して締めつけの対象になったけど、身から出た錆。だからこの連中が「過ちは二度と繰り返しません」なんて言っても、けっして信じないほうがいい。

陸軍は皇道派と統制派が争い、政府にとって実は「陸軍の対ソ強硬派がムチャするんじゃないか」がいちばん心配だったらしい。もしソ連がシベリアから軍を西に移動させる動きになったらすぐドンパチ始まったかもしれない状況だった。ということで陸軍の強硬な北進論を中和させるために、政府は南進論を許容した。結果的に両論併記。もちろん最悪です。

そうそう。日本の方向を決めてしまった感のある三国同盟ですが、あれの本質はドイツと組むというより「英国が負けてからの戦後処理」にあった。太平洋、東南アジアから英国が撤退したあと、ドイツと権益を争うのはまずい。そこをスンナリさせるための同盟だった。ま、そういうタヌキの胸算用が三国同盟。要するに「カネメでしょ」が本筋。

開戦までの間、実は中国から手をひいてゴタゴタをおさめる機会は何回かあったようですが、常に問題になったのは「英霊に申し訳ない」。要するに賠償金なりなんなりのお土産が得られるかどうかです。お土産ナシじゃ引っ込みがつかない。近衛や天皇までそういう気分で、少し景気のいい状況にしてから和平を提案しようという構想。みんなそういう考えなので、ズルズルズルズル続いてしまった。それでも昭和16年の11月初めまではまだ戦争を避ける道筋がかろうじてあったらしい。

軍人、政治家、役人、みんなが勝手な構想を描いて、勝手に動く。けっこう情報も握っていたんだけど、いろいろ思惑があるため握りつぶして共有しない。みんな少しずつ度胸がなかったり、少しズルかったり、意志が弱かったり、勘違いしていたり。そうした「スベテ」の結果が12月8日開戦であり、4年後の敗戦につながった。

それはそれとして、読み終えて「こいつが一番悪い」と感じたのは木戸幸一ですね。目立たないけど、暗躍している。

木戸幸一。天皇といういちばん肝心な部分の情報ルートの玄関番をやって、情報栓を恣意的に調節していた。本人的には「すべてお上のため」なんでしょうが、なんか動きが常に怪しい。で、そうした情報操作や組織・人事は後になってものすごく効いてくる。東條英機なんてのを引っ張りだしたのもやはり木戸幸一。キーマンでした。ちなみに東條英機は単なる生真面目で融通のきかない人間のようです。重要な時期に重要な地位につけてはいけない官僚軍人の典型。

長くはないけどなかなか面白い本でした。

これと一緒に莫言の「酒国」、賈平凹の「廃都」も借り出してたんだけど読みきれず。暑さでボーッとしているうちに期限がきてしまった。またの機会を待つか。


14日朝日の風刺漫画。山田紳さんの絵だったけど、安倍くんが砂浜で高楊枝で寝ころんでいる。頭上のテントには「改造思案中」なんて書いてある。はるか上空から支持率の大波が襲ってくる。能天気でいちおうは気分よさそうな安倍くんだけど「出るけどさぁ、なんかイヤな予感がするんだ」とか呟いている。なんか感じとってるんでしょうね。

やはりそう思ったか。帰国した安倍くんが強気に(うん、さすが。男らしいぞ)閉会中審査を受けることに決め、二階幹事長に指示したらしい。ほんの数時間前まで国対で「ダメだ!」と言っていた二階なのでちょっとメンツを失った形。

自分が登場してペラペラしゃべればあんな連中、すぐ納得する・・・と考えたんだろうね。安倍くん、なんか決定的に大きな間違いをしたような気がします。

★★ 東方書店
bakugenshisou.jpg
東方書店という版元、名前だけは知っていたし神保町店舗の前を通ったこともあるはずですが、発刊の本を実際に読むのはたぶん初めてです。

内容は世界各地でおこなった莫言の講演集。語られているのは例によって例のごとく、貧しく飢えていた少年時代とか、作家になって三食ギョウザを食べたいと思ったとか。金が入ったら腕時計と革靴買って、故郷の街で女の子にみせびらかしたいと思ったとか。

そうそう。新しいことといえば、本人が「酒国」を最高傑作と自負しているらしいこと。たしか初期の本ですよね。へぇーと驚いたので、さっそく図書館で閉架の酒国を予約しました。なぜかこれを読み残していた。

denshirikkoku2017.jpg★★★ 日本放送出版協会

先日読んだ「日本史を読む」で、確か山崎正和がいい本だと褒めていたのがこの「電子立国日本の自叙伝」。山崎正和や丸谷才一に似合わない分野という感じもありますが、ああいう人たちはたぶん何だって読んでしまうんでしょう。

このテレビ放送ははるかン十年前、楽しみに見た記憶があります。NHKって、ひどい番組もいっぱい作りますが、いいものも作るときは作る。そうそう。同じドキュメンタリーシリーズでは「人間は何を食べてきたか」も良かったですね(惚れ込んだスタジオジブリが後になって権利を買い取ったらしい。知らなかった)。

で、その半導体ドキュメンタリーをノベライズしたのが本書。これもNHKがよくやるテで、本の販売まで含めて収支採算になる。プロデューサは必死なんで、ただ働きでもなんでもやります。で、上中下にオマケまでついて全4巻。正直、長いです。

技術屋さんたちの人間ドラマの部分はわかりやすいですが、ICやチップ製造絡みの技術部分はやはり難しいですね。P型とN型がどうたら・・と最初のうちは理解しようと努力しますが、だんだん付いていけなくなる。ま、仕方ない。わからん部分はとばすしかないです。要するに貧しかった戦後日本、必死に頑張った。みっともないくらいに頑張った。通産省の役人も(役人だから石頭で邪魔もしたけど)彼らなりに日本再興にむけて努力した。

自分は戦後生まれですが、まだ貧しさがたっぷり残った少年時代だったので、そうした日本の惨めさとか劣等感の感覚はわかります。1ドルは360円。外貨割り当て。世界の三等国。ん、四等国だったかな。見栄はって宗谷で南極へ行っても氷に閉じ込められ、ソ連と米国の砕氷船に助けてもらう。宗谷、つい前までお台場につながれていましたが、ほんと、小さな船です。まだ船の科学館にいるのかな。太平洋戦争生き残りのボロ船が南極船になった。

当時は海外から何かを買おうとしてもなかなか許可がもらえない。本の中でも、配線用の金を輸入しようとして役人に邪魔される話があります。貴重な外貨をそんな奢侈品に使うのか!という理屈ですね。あるいは日本のメーカーが何かすごい発明しても、信じてもらえない。日本人にそんな優れたものを作れるわけがない。同じ日本人がそう決めつける。

登場する技術屋たちはみんな「面白いから」必死に仕事をした。あるいは「責任感」と「生き残り」のために努力した。馬車馬のようにはげんでいて、ふと気がついたら先頭を走っていた。

米国あたりの観点では、 日本は悪名高き通産省主導、護送船団のようにしてIC産業を育てていった、という見方をしますね。カメラを下げた出っ歯でメガネのエンジニアたちが大挙してやってきて、ごっそり盗んでいく。すぐさまコピーして大量生産する。それをバックアップしているのは強い意志をもった狡猾な政府・通産省。シンプルですごく納得しやすい考え方ですが、ま、日本政府がそんなに賢くて、官民の行動がシンプルなわけがない。もっとゴタゴタやっていたら、いつのまにかそうなったというのが真相でしょう。

日本人には創造力がない。なんでもコピーばっかりだ!と非難されると、正直ちょっとムッとします。そんなにコピーが簡単なら、誰だってみんなしてら。模倣は難しいんだぞ。

しかし本当にゼロから発明・開発されたものが少ないというのも否定できない事実。東北大で有名だった西沢センセなんかもそういう説らしい。ただしそれは日本人技術者の問題なのか、それとも風土、企業の問題なのか。ある技術者が画期的な何か作っても、みんなそれを育てようとしない。むしろ阻害しようとする。個人を嫌う。集団主義。出るクギを叩く。飛び抜けた存在を排除しようとする

だから何十人ものエンジニアをずーっとインタビュー。しかし「それは誰のアイディアでしたか」と聞いても、明確な返事が返ることはまずなかったようです。「いや、みんなで考えた」という返事になる。せいぜいで「たぶん課長が推進した」「部長でしょうね」という程度。米国は正反対で「あれはジョンがやった」「こっちはオレが考えた」と明瞭に断言する。下手すると人の手柄まで獲ろうとする。

だから日本ではシンプルなD-RAM生産なんかがすごく得意。ひたすら工夫と改良で精度をあげて商売した。同じ頃に米国では、新しい発想が必要でもっと付加価値のあるシステムLSI設計の方向へ行った。日本はメモリを作り、米国はシステムを作る。もちろん日本の方向も当時としては正解だったんでしょうが、今では台湾や韓国に後追いされ、追い越されてしまった。日本だけの強みを維持することができなかったわけです。

今も東芝のフラッシュメモリをどこへ売るか、ガタガタしてますね。要するに東芝と日本はフラッシュメモリという独自技術を大切に育てることができなかった(韓国へ売ったんだっけ)。関係ないですが、今回の政府肝入り3社共同ナントカカントカ売却案、たぶんうまくいきません。政府+共同。典型的な失敗の要素が二つもかさなっている。

Ryzeの性能に関しては「すごくいい」という説、「それほどでもない」という説、いろいろですね。簡単にオーバークロックできるのが素晴らしいと絶賛する人もいるし、コア数が多いからからいいという人もいます。(個人的には6コアとか8コアとか、さして魅力とは感じないですが)

ま、総じて言えるのは、インテルのCore iシリーズに匹敵する性能があり、しかも実質独占だったインテルと比較すると安い。つまり、もう何が何でもインテルを選ばなければならない・・という必然性がなくなった。自由。それが嬉しい。

ryzen.jpgいまの現役のシステムが壊れたら(ま、そのうち壊れるでしょう)、どうであれ、CPU、マザーボード、メモリは一新しないといけません。この点でインテルもAMDも差がない。差がないのなら、好きな方、有利な方を選べばいい。

で、真面目に考えてみると「インテルの新CPUはWin7を排除している」というのが自分にとってはいちばんの問題ですね。Win7をサポートしない、インストールできない。

実はAMDのRyzenでもお勧めはWin10なんですが、そこはそれ「大人の事情で、どうしてもWin7を使いたい人」もいるだろうということでこっそり配慮してくれている。具体的にいうと、Win7用のチップセットドライバーを提供している。ドライバーがあるんなら、まったく問題なし。はい、速攻ダウンロードして確保しました。

という具合にいろいろ調べて、ザッとしたリストをつくって、これで一安心。いま使っているマザーボードがダメになったら(システムの中でマザボがいちばんの弱点)、サラッと総取り替えです。そのためにはせっせと貯金をしておかないと。

最近のマザーボードは固体コンデンサが増えていて壊れにくくなっているという説もあります。ひょっとしたらまだ1年半や2年は大丈夫かもしれません。それくらい余裕があればAM4マザボのBIOSも枯れて堅牢になっているだろうし、円もきっと高くなっているでしょう。きっと。すべてを前向きにとらえること。

ずーっと自作をやっているんで、常に先を先をと石橋の向こう側を叩くクセがついています。これが壊れたらああする。あれがダメになったらこうしよう。

最近わかったことですが、いま使っている5年もののマザーボード(LGA1155規格)はあまりにも古くなってしまったらしい。流通が途絶える寸前です。これに合うCPU(第2世代)はまだ出回ってる(CPUは中古品でも問題ない)ものの、マザーボードで中古品を探すのは悲しいし、そもそも使い古しのくせに安くない。かえで高騰しているような気配です。品薄なんでしょうね。

簡単にいうと、今のマザーボードが壊れた場合、もう同じ規格の品を手に入れるのは困難ということですね。諦めたほうが賢い。

使っているのはLGA1155。で、その次の規格はLGA1150です。適合CPUはHaswell(第4世代)になって、これはそもそもピン数が違うので融通がきかない。つまりLGA1155→LGA1150の場合、マザーボードとCPUの両方を一気に買わないといけません。たぶん4万くらいはかかる。

で、更にその次。規格はLGA1151でCPUはSkylake(第6世代)。これが今の主流なんですが、変更する場合はマザーボードとCPUと、更にメモリも交換しないといけない。古いDDR3規格のメモリは使えない。トータル5万くらいかかるか。要するにピン数規格が無意味にコロコロ変わりすぎなんだよな。コロコロ変わるわりには性能がたいして変わらないのも不満。

しかも気分の悪いことに最新のSkylakeでは「Windows7をサポートしませんよ」とマイクロソフトが言うております。Skylakeを使いたければWindows10にしろ。インテルとMSがあくどく手をむすんだとしか思えない。

それどころか、そのまた次の第7世代(Kaby Lake)では、Windows7をサポートしないどころのレベルではなく「インストールできない」ことになるんだそうです。どうしてもWindows7ユーザを駆逐しようとしているんだな。ひどい。
ryzen.jpg
ということで気の滅入ることばっかりなんですが、意外や意外、AMDから新しいCPUが出ていました。AMD、つまりアドバンスト・マイクロ・デバイセズ。インテルの競合メーカーです。

AM4規格で名称はAMD Ryzen。Ryzen 5、Ryzen 7とあって、要するにインテルのCore i5やCore i7にぶつけてきているんだろうな。かなり高性能らしい。しかも安い。インテルより速くて安い。うーん、楽しみになってきた。

自分も昔はずーっとAMDを使っていました。安くてそこそこ走る。それがAMDの取り柄で、金持ち御用達のインテルなんて使えませんでしたね。ところがAMDがだらしなくなって取り柄が皆無になり、それで、2012年に我慢しきれず降参、Sandy BridgeのCore i5 2500Kに乗り換えた(インテルのCPUです)。

ライバル不在のインテルはいまの自民みたいに安心しきって高値張りつきです。モデルチェンジや規格変更、好き勝手やり放題。ずーっと不満が溜まっていたので、今回のRyzen登場はすばらしいニュースです。ようやく健全な販売競争になった。

Ryzen 5 1400あたりがインテルのCore i5 6600kとか7600に相当しているようですね。で、Ryzenは2万弱、Core i5は2万7000円程度。けっこう違いがある。うーん、面白い時代になってきた。しばらく注目ですね。もしインテルが対抗して大幅値下げするならそれも面白いけど。

ちなみにRyzenは、おそらく「来禅」あるいは「雷禅」だろうと思います。日本趣味。



朝のコーヒーをあたためるために小さなローソクを使っているのですが、その点火用のライターのガスがなくなった。通常のライターでは小さすぎて使いにくいので、駅前まで買い出しに。

駅前の同じビルにドンキとダイソーが入っていて、ドンキは何でもあるけど大きすぎて迷子になりそう。同じようだけど小規模な品構えのダイソーでライターを発見。税込み108円。ガス器具なんかに専用のちょっと大きなライターです。目的にはかなっていますが、うーん、例によってチャイルドレジストが強くて、点火スイッチがべらぼうに重い。指がおかしくなりそうです。トシとると指力がなくなる。女性や老人、使えない人もけっこういるだろうなあ。

その足でいつものクリニック。腹が出て見えないように(担当医の最近の重点テーマが「やせる」)まともなかっこうで行ったのに、いつもの医師ではなく男性院長に当たった。カルテを見ながら「なにを言おうかな・・」と迷っているのがみえみえです。思い出して「お酒は1合におさえましょうね」とのたまう。少量なら体にもいい。多いと血圧が上がるんだそうな。はい々々。すなおに頷いて放免。たぶんこの院長はお酒をのむ人なんでしょう。

梅雨時になったせいか、髪がうっとうしくなっていたので床屋にも行く。何回もやってもらている内儀さんに今更ながら「くせっ毛ね」と言われる。はい。父親ゆずりです。死んだ父親も苦労していたらしい。風呂上がりにはいつも黒いネットの帽子を被っていた。あれはくせっ毛矯正のためだったらしいです。

うっかり言い忘れたのが失敗で、やたらゴリゴリと剃られる。親の仇みたいに頬の肉をひっつかんで、剃刀の先でゴリゴリとほじり出す。あれ、あとでヒリヒリするんだよな。下手すると2日くらい痛みが残る。失敗したなあと後悔しながら数分間の辛抱。めずらしくケンターキーでチキンを買って帰る。たまーに食いたくなるんです。

ライターと通院と床屋。なかなかいそがしい1日でした。

★★★ 朝日新聞出版
somoburai.jpg
誰を書いたものかなと思っていましたが、冒頭いきなり近江屋シーンだったので中岡慎太郎と知れました。そういえば中岡を主人公にした小説、ないですね。

だいぶ以前、長崎で海援隊の宿舎というか合宿所というか、山の上まで登ってみたことがあります。亀山社中記念館ですね。そこで壁に飾られている資料をながめていたら、例の中岡慎太郎の笑っている写真があった。

慎太郎というと、刀を横にして怖い顔で睨んでいるのが定番ですが、笑顔バージョンがあるとはしらなかった。底抜けに子供っぽい表情で、そうか、こういう男だったんだ。おまけに横が乱暴に消されている。女が写っていたらしい

上下2巻、けっこう楽しく読めました。中岡の功績というと五卿の世話をしたこと、薩長同盟に奔走したこと、陸援隊をつくったくらいしか思い当たりませんでしたが、そうか、岩倉具視を発掘したのも中岡なのか。結果的に三条実美と岩倉具視をくっつけた。維新成功のためには岩倉の悪巧みが不可欠なわけで、三条・岩倉という強力ペアを実現させたのはすごい功績でしょうね。板垣退助をくどいて薩摩との密約(武力倒幕)させたのも中岡らしい。

福田善之という人は筆の達者な人なんで、とんとん読めます。ただ事実の羅列だけではさすがに辛かったようで、おふうというクグツの女も登場。舞台回し役のクノイチです。ふつうは余計な・・・と嫌がられる部分なんですが、これかけっこう魅力がある。というより、幕末もので男でも女でもこれだけしっかり書かれた小説はないです。キャラクターに血が通っている。

この小説の高杉晋作もいいです。快男児ではありますが人間臭い。最後は芸者買いにいくぞとわめいて長刀抱いて駕籠にのったものの、駕籠の揺れについ下を漏らしてしまって死期をさとった。その高杉が死んでから、愛人のおうのが尼にさせられた状況なんかも、けっこうおかしい。お調子者の伊藤と誰だったかが無理やりおさえつけて髪をジョキジョキ切った。かなり抵抗したらしいです。ひどい話だ。みんな、やることが乱暴です。

話は違いますが、こうした幕末の志士たち。どうやって食べていたんだろう。昔から不審に思っていました。そりゃ豪商からの寄付やら薩長の秘密資金なんかはあったでしょうが、それだけで足りたのか。たとえば司馬さんの龍馬なんかでは、気軽に松平春嶽から大金を預かったりしてますが、たぶんそのうちの何割かは使ったんだろうな。そうでもしないと経費や生活費が捻出できません。

いきなりグラバー陰謀説なんかではなく、志士たちの活動を資金面からみたような本、そろそろ出てもいいですね。


★★★ 中央公論社
nihonsjiwoyomu.jpg
なんといいますか、碩学というか粋人というか、天下自在の二人が勝手きままにしゃべくっている。対談というより、酒でも飲みながらの座談ですね。テーマは「本」を切り口にしておしゃべりする日本の歴史。万葉の昔から始まって戦後の電子立国日本まで。

それにしても、うーん、なんとまあ博学物知りな連中なんだろ。最初のほうで取り上げられた「待賢門院璋子の生涯」では、璋子の産んだ子が亭主の鳥羽天皇ではなく白河法王のタネであることを証明した著者学者の執念の話。謹厳な(たぶん)歴史学者が必死にメモとってオギノ式計算で崇徳は誰の子かを類推したというのが笑えます。

ちなみに璋子はきちんとした28日周期型だったらしい。まさかそんなことまで後世に知られるとは思っていなかったでしょう。あら恥ずかしい。いけず。

明治のあたりでは、なぜ元勲の女房に芸者や遊女が多かったのかを推論。またこうした女たちの果たした役割は想像以上に大きかったのではないかとか。ついでに当時の「横浜」という街の位置づけとか。いろいろ突拍子もないですが、納得できる珍説も多し。

中身の濃い一冊でした。


アーカイブ