topread.jpg

中央公論新社★★
sakkatatinochugoku.jpg
現代の中国人作家を紹介する本・・・ですね。飯塚容は翻訳家・編者です。

いちばん高齢らしい高行健をのぞけば、よく知っている作家たちです。これにノーベル賞の莫言を入れると、ほぼ完璧。現代中国を代表する作家ということになります。

個人的な好き嫌いでいうと余華は「ほんとうの中国の話をしよう」「血を売る男兄弟 文革篇/開放経済篇」。
閻連科なら「父を想う」「炸裂志」。
本音としては莫言のほうが好みで「転生夢現」か「白檀の刑」か。どっちも傑作。

ということでそこそこ面白く読みました。高行健という人、中国籍を抜けてフランスで本を書いたらしい。傑作といわれるのが霊山で、これがノーベル文学賞。ただし中国政府は完全に無視した。あんな奴。

で、ずーっと知らん顔していた政府だけど、そのうち比較的穏健な莫言も受賞したときは正直に大喜びした。(大昔のパステルナークの受賞辞退騒ぎを思い出します。ちなみに詩人で、ドクトルジバゴの作者。スターリン時代かと思っていたけど調べたらフルシチョフだった)

ついでですが、莫言を体制内の作家というのは少し違うと思います。たしか作家協会かなんかの副会長です。みるからに体制派に映りますが、この副会長ポスト、たしか6人だったか10人だったか ()。このポストを受けさせることで体制サイドは少し安心できる。

ま、作家にとっても無難な位置ですか。体制に100%従う気はないけど、だからといって100%反抗はしない。ほどほど50%とか70%とか。それがオトナというもんでしょ、たぶん。そういう農民的なしぶといチエでしょうね。

それはともかく。図書館の棚に「霊山」はずーっとあった記憶。厚いんで遠慮していた。勇気をだして借り出してみますか。

別件ですが「・・・愚かしくも愛すべき中国」というタイトルはあまり好きになれません。そういう視点からとりあげなくてもいいような気がする。副題の「なぜ、彼らは世界に発信するのか? 」も余計。蛇足。ヘビの足。

2011年、中国作家協会の14名の「副主席」の一人として選出されている。 ノーベル賞受賞はその翌年。

日経BP★★★
hantiseishugi.jpg
日経ビジネスの「ア・ピース・オブ・警句」から拾ったもので、これが5冊目になるらしい。小田嶋隆のかなり人気のネットコラムです(たぶん)。

ネットではたいてい金曜日に新しい記事が掲載されて、その日いっぱいは最後まで閲覧可能。曜日がズレると1ページ目だけしか見られない。ようするに会員登録を推奨・・だったはずです。でも最近は非会員は当日でも1ページ制限になってしまったようです。

登録ったって無料ですけどね。いや、ちがった。無料会員は月に3本だけ無料だそうです。毎週更新の記事なら、月に1本は読めない理屈で、うまく設定してあります。ただどこでもそうですが、有料会員制というのは苦労している雰囲気。なんか「ネットはタダ」という気分がまんえんしているんで。

そんなことはともかく。知ってる人はしってる。知らないひとに説明するのは難しい。なんせ小田嶋のコラムですから。で、最近思うようになったのは、この人、ようするにケンカが好きなんだな。ケンカの知的緊張感ですか。

ケンカ。挑発といえばホリエモンです。今回の本は2015年刊行ですが「堀江がJリーグにウンヌン。お願いだからヤメてくれ」みたいなことが書いてある。え?と調べたら本当なんですね。2015年にリーグアドバイザーに就任。月3万円とかいう記事があった。ひぇー・・知らんかっいた。

そうそう。巻末に森本あんり氏との対談がある。高校の同学年らしい。都立小石川高校。森本あんりってのはICUの教授で副学長で牧師。この二人の話は面白かった。どうやらそのあんり氏が「反知性主義」の本を出したらしく、それでオダジマの本もちなんだタイトルになったのかな。

反知性主義ってなんだ? 米国の初期のピューリタン連中ってのはようするに「知性主義」だった。それも極端な。牧師はみんなハーバードとかイェール卒業です。インテリ。そもそも牧師育成が大学の目的だったんだから当然ですか。

で、そうした「知性的」な宗教に対する反発から大覚醒運動、俗なリバイバリズムが誕生した。いまでも米国で大人気の巡回牧師とかテレビ伝道とかですね。歌をうたったり踊ったり。わかりやすい。日本でも中世にそんな踊り念仏があったような。ひらったく言うと、心から信じる者には褒美があるぞ。神とのギブアンドテイク契約ですか。

言葉をかえると反権威主義です。米国ではこの系譜がずーっと続いて、たぶんトランプなんかもそう。「嘘つきトランプの支持なんかやめろ」と言ったって、そもそもそういう偉そうな言い方に腹がたつんだから仕方ない。ポリコレ反対。こうした底流の感情をしらないと、真のアメリカを理解できない。

なるほど、でした。


吉川弘文館★★
kitanomandokoroto.jpg
副題は「豊臣家を守ろうとした妻たち」。ま、中身もそのとおりで、通説みたいに北政所と淀殿は仲が悪かったわけではない。北政所が家康べったりだったわけでもない。関ケ原の合戦前も、迷う小早川秀秋(甥っこですね)に「内府に味方しなさい」ともたぶん言わなかった。

ま、そうしたことを、いろいろ文献しらべて述べているわけです。かならずしも厳密な研究書ではないけど、平易な人気取り解説書でもないです()。

掲載の資料、いちおう読みやすく配慮して掲載してはあるものの、更に現代文で開いて再掲なんかしていません(したがって読者が一応は苦労して読まないといない)。といっても「この説はとらない」「これは妥当性があると思う」てな具合に、けっこう簡潔に断言もしています。乱暴みたいだけど、そうしないと前にすすめないか。

そうそう。小和田センセーの考えでは、例の方広寺の「国家安康」「君臣豊楽」の件、完全に家康のイチャモンというのは無理があって、豊臣方にそれなりの隠し意図があったんじゃないか。それを発見されてしまったのでは・・・というらしいです。

なんせ版元が吉川弘文館ですから。信用というものでしょう。


NHK出版★★
daiei-kodaiegipt.jpg
たぶんテレビで放映の番組を書籍化したもの。焦点は「古代エジプト」ではなく、あくまで「大英博物館」です。著者クレジットは「NHK知られざる大英博物館プロジェクト」

ということで、けっこう漫然とした内容です。番組ならそれでもいいんだろうけど、書籍にしてみると散漫になります。急に俳優の堺雅人が登場したり、池澤夏樹が何かしゃべったり。

肝心のエジプト部分では、ナイル川中流(かな?)あたり、庶民の一生を記したパピルスの話が面白かったです。パピルスは見るからに壊れやすそうな紙ですよね。アシみたいな草の髄だったっけ。もろいけど、簡単につくれるから単価はたぶん安い。気軽に消費できたんじゃないかな。

羊皮紙の対極ですね。羊皮紙は長持ちするけど、単価が高い。どうでもいいような内容を書き記すものではない。だから羊皮紙の資料を読んでも、庶民の暮らしはわからない

で、そうした一個人の生涯がわかる雑多なメモ。子供のころから勉強して、期待に答えて書記になり、恋をし、子供をつくり、ファラオの墳墓工事を監督し、いつも座る石座の横に「オレの席だぞ」とラクガキもした。あとを継いだ人(息子か)は書類の始末にこまって、たぶんどこかに放り込んだ。それが幸運にも保存状態がよくてずーっと残った。

当時の庶民、ハリウッド映画みたいに惨めな奴隷生活ではなく、ビール飲んだり肉くったり、親に叱られたり反抗したり。病気になれば医者にかかったり。ま、ふつうの人間らしい生き方です。そういう生活をしながらピラミッドを作ったり石を掘ったり装飾したり。

そういうことがわかるらしいです。


河出書房新社★★★
doubutuninatteiki.jpg
一応は学問も知識もある英国人が、英国人らしいコダワリで「動物」になってみた。

「動物になる」というのは、四つんばいになって生肉を食べるということではない。もちろんレタスで1週間ともちがう。彼がなろうと思ったのはアナグマ、キツネ、カワウソ、アカシカ、アマツバメ

大昔「動物感覚」という本を読みましたが、その著者は自閉症患者でもあり「だから動物の心がよくわかる」んだそうです。で、長じては人間と動物の間の通訳になった。アドバイザー。食肉処理システムなんかには重宝するそうです。できるだけ気分よく屠殺場に行ってくれないと品質が落ちる。

そのためにどうするかというと、たとえばブタになるには、ブタと同じ目の高さで、四つんばいで同じ通路をたどって処理場へ歩く。途中にキラキラ光る金属なんかがあると、なんか心が落ち着かない。これだ。「あの金具はとってください」と雇い主に進言する。

同じようなことをもっともっと深くしたのがこの本の著者ですね。アナグマになるためには山の中に横穴を掘って、裸でずーっと寝て暮らす。2日や3日ではないです。ずーっと。たぶん1週間以上。穴の天井からミミズがぼたっと落ちると口にする。かなり逡巡はするけど、でも、やる。ただし時折は近所の猟師に頼んでハンバガーかピザを差し入れしてもらう。

夜、嗅覚を頼りに付近をはい回る。人間にとっての視力が、アナグマの嗅覚。嗅覚の世界を必死になって創設する。こまかな粒子をかぎ分ける。

都会のキツネになるにはロンドンの公園の藪の中にひそむ。何日もずーっとひそむ。ガガンボが大量発生すると、隣のキツネにならってペロペロと食べる。高く跳躍してネズミを襲う。もちろん失敗するけど。職務質問されそうになると、コソコソ逃げる。

そういう本です。読んで面白いとか楽しい本ではない。不思議で迫力があって詩的で、気分の悪い本てす。イグ・ノーベル生物学賞受賞


2週間ほど前、アマでドアストッパーを注文。安いものなので送料をゼロにするため、他の商品とあわせて2000円超えにしました。在庫がないらしく、注文時点でも1週間から2週間はかかるという表記でしたが、ま、期待しないでゆっくり。

到着予定期限の前日片方の商品だけ到着。残りは翌日だそうです。いやーな気がしますね。ほんとに届くのかなあ。

で、その予定日。メールがきて更に10日から1カ月かかるというおわびです。やはりね。そんなもの、売るなよ。この商品、他(たとえばヨドバシ)では2~4日待ちの表記で売っています。しかたない、変更するか。とりあえずキャンセルしよう。


ama-chousei.jpgしかしそうは問屋が卸してくれない。

注文ページでキャンセルボタンを押すと、画像のようなご注意です。

ようするに「あわせて2000円超」になった商品です。で、片方はすでに発送済。こういう状況で残り商品をキャンセルすると「キャンペーン」の条件に該当しなくなり、調整料金(たぶん送料)が発生する。

ま、理屈としては理解できます。私がアホだった。ただ、たとえ10円でも払いたくはないので、このままあと(最大)1カ月、待ちましょう。その時点で向こうが再度「すみません」と言ってきたら、そりゃ先方の責任ですわな。

ほんとにまあ。

東海大学出版部★★★
nihonmanga3.jpg
読まないつもりだったのに、目について続きを借り出してしまった。

この巻は少女マンガです。里中満智子とかと竹宮惠子、萩尾望都などなど。みんな若くして売れて、大胆に道を切り開き、一大ブームをつくった。そのころ、なんかで金が入ったというんでこの連中、連れ立って(たぶん22~23歳)、1カ月超えの海外旅行なんかしていた。まだ昭和47年ごろです。調べてみたら1ドルは300円くらい。

船でナホトカまでいって、列車でハバロフスク。そこからはさすがに飛行機でモスクワ。あとは北欧とかイタリア、フランスなどなど。竹宮惠子がクックの時刻表を手に入れて旅程をつくったらしい。ひえー。自分もクックは使ったことがあるけど、それを半世紀近く前にトライしていたのか。ま、そうやってこの連中の、あのヨーロッパ調の優雅なマンガの雰囲気がうまれた。たぶん。

この時代、ふとした縁でマンガ編集やってる人と数日つきあったことがあります。ちょっとヤクザな雰囲気で、正規の まっとうな社員という感じではなかったな。これから若い奴をたたき起こしに行くというのにつきあって、あれはひょっとしたらトキワ荘だったのか。思い起こすと間取りなんかは似通っているんです。二階のどこかの部屋にガラッと入って、まだ寝てんのか!仕事しろ!とか怒鳴って汚い布団を蹴飛ばす。若いのがうらめしそうな目で起き上がる。タコ部屋ですね。

その編集から確か里中満智子の話を聞いた記憶もあり。数年前から可愛い女子高生でデビュー。東京に出てきて、若い編集はみんな狙っていたけどお互い牽制しあって。それなのにどっかの誰かが抜け駆けした。あいつ、うまいことやったな‥‥とか言うておりました。

妙にナマっぽい。昔の話ですね。


明石書店★★
kainarasu.jpg
副題は「世界を変えた10種の動植物」。アリス・ロバーツは英国の科学者でありジャーナリスト。なべてやさしく解説してくれる美人解説者だと思います、たぶん。

で、そんなたぐいの(わかりやすい)本かと思ったのですが、あんがい手ごわかった。

イヌとかウマとか小麦とかイネとか、人類とともに生きてきた(支えてきた)家畜や作物の話ですが、かなり専門的。最新の成果をとりいれて真面目に解説しています。真面目すぎる。しっかり読むには日時が短かすぎた。したがってこっちも真面目な感想は無理です。

ササッと読んだ頭に残ったこと。オオカミはたぶん人間に興味をもって近づいてきた。人間がオオカミを飼い馴らしたんではなくて、おそらく両方が歩みよった。両方にメリットがあった。

ウマはたぶん人間が無理やり迫ったんじゃないかな。しつこい奴が何回も何回もトライして、たまたまうまくいった。背中に乗せてもらった。テレビなんかで、よくシカとかイノシシの背中に小猿が乗ったりしてますね。あれ起きたのかなあ。

そうそう。野生動物だけでなく、実は人間も飼い馴らされた。野生動物は家畜化すると顔がやさしく(人間の目には)可愛ゆくなる。きつい顔のオオカミが愛嬌顔のイヌになる。同じことが実は人間にも起きていて、時代とともに人類の顔はやさしくなっている。言葉を変えると子供顔になった。ネオテニーですね。

もうひとつ。人類はアフリカ東部の大峡谷から発生したのかと思っていたら、これも変わりつつあるらしい。アフリカ中心という考えはまだゆるがないものの「アフリカを中心とした地域」程度に拡大。したがって中東なんかもふくまれる。たった一カ所ではなく、ほぼ同じ時期に複数の地域でということらしいです。

定説はほんと、変化する。世界でいちばん長い川は「ミシシッピーではない」と知ったのは40年くらい前かな。あれはびっくりした。舌には「特定の味覚を感じる場所が4カ箇所ある」も違っていたらしいし。その割にはまだ味覚部位説をテレビなんかで見聞きします。いったん染みついた「定説」はそう簡単にくつがえせません。


文藝春秋★★
tumibitionosentaku.jpg
それぞれ違うテーマ、違う雰囲気で面白い長編を書く作家ですが、これはちょっとアテ外れ。書かれた時代もバラバラだし、内容もいろいろで4編を収録。習作集のような位置づけなのでしょうか。

えーと、最初のSFらしき夜の記憶は、光瀬龍の「百億の昼と千億の夜」をほうふつとさせます。深海で目覚めたある生物ははるか昔のかすかな記憶を持ち・・・。ただし何を書くつもりか不明のごった煮です。

次の「呪文」。これは新世界より」の前駆ですね。念力と呪文と民俗、異形の惑星。見捨てられた人々のストーリーです。

本の表題にも使われた「罪人の選択」は、ミステリーということになるのかな。二者択一。アレかコレか。間違うと死。ちょっと気の利いた中編です。

最後の「赤い雨」。スタニスラム・レムをなんとなくイメージさせます。空から「チミドロ」が降り続く陰鬱な未来世界。かなり若書きの印象ですが、ま、悪くはないです。

ということで、貴志ファンにとってはこたえられない一冊なんでしょうが、オジさんはすこし辟易しました。


河出書房新社★★★
totetumonaishippai.jpg
ま、タイトル通りの内容です。書き手は英国人ジャーナリスト。英国人って独特のユーモアセンスがありますね。やりすぎ。ズレている。なにからなにまで洒落のめす。そういう本です。

冒頭、かの有名な類人猿(じゃなくてアウストラロピテクスか)から話は始まり、え? ルーシーって木から落ちて死んだのか。もちろん絶対じゃないけど、さまざまな状況証拠から、どうもうっかり木から落ちて(首の骨でも折って)亡くなったらしい。科学史にのこる失敗。知らんかった。

そもそも人間というのは「認知バイアス」の生き物。何かを知る・見る・認知するのに必ずバイアスがかかる。真に客観的、科学的に知ることはできない。したがって人間が行動し、何かを作ると必ず失敗する。アホなことをしてしまう。王様も失敗するし、庶民も間違う。みーんな間違う。歴史ってのは、ま、そういう愚行の連続です。なんとまあ多いことか。ヒトラーを総統に選び、フロンを製造し、有害な有鉛ガソリンを開発し、空気を汚染する。

そうそう。初めて知ったこと。ソ連の学者というとルイセンコが困った男の代表ですが、そうではなくて1960年代にソ連の科学者が発見した特殊な「水」の話。ふつうの水を特殊な細い管に通すことで水の性質が粘性をもって劇的に大変化する。べらぼうに有用。名付けて「ポリウォーター」

で、大騒ぎになった。日本でも最近「STAP細胞はあるんです!」がありましたが、あんな程度ではなく、世界中の学者をまきこんだ大騒動になったらしい。みんなが追試して、なぜか次から次へと再現された。汚れたシャツを洗った水なんかだと、いっそう簡単にポリウォーターがつくれる。

で、大騒ぎの末、要するに最終的には・・・・・嘘だった。間違いだった。誤解だった。勘違いだった。称して「ポリウォーター」事件。これだけでなく、同じような虚構の大発見、ときどき発生しているようです。大昔にはX線に匹敵するN線というのもあったそうですね。知らんかった。


アーカイブ

最近のコメント

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて