「この世をば」永井路子

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

konoyooba.jpg中央公論社★★★

「永井路子歴史小説全集 5」です。こういう本があることは知っていましたが、いざ借り出してみると分厚い。だいたい800ページ。ずっしり重いです。久しぶりに本を読んだ気がします(

左大臣家の長女・倫子から話は始まります。姫君に文を届ける殿御はもちろん何人もいたようで、それは邸内の時折のざわつきから察せられるんですが、そのたびになぜか父母がゴソゴソ相談してお断り。あるいは父親がてんから却下してしまっている。あんな奴はだめだ! 高望みなのか、娘がひたすら可愛いのか。

これじゃ結婚できませんね。けっこうなトシになりかかって、それじゃ困る。で、なんだかんだ、ついに許されたのが右大臣家のボーッとした下の子、道長。もちろん大河ドラマみたいに、いきなり訪問はないです。きちんと了解はとれてます。

このほかの筋書きもだいたいは大河ドラマに近いですね。仲のいい姉の女院(詮子=吉田羊)はいろいろ尽力してくれて、おかげで倫子に婿入りもできたし、源明子とも結婚。この本の明子は「父の怨み・・」なんて怖いことは言いません。フワフワした浮世離れした美女。

で、道長はごく平凡な男です。長男の道隆は有能で美男子で酒好き。同母の兄道兼も頭がよくて野心家で(毛深いけど)鋭い。道長だけが何も考えずボーッとしている。そのボーッとした男が(生意気な甥っ子=伊周にたいする反発もあって)だんだん勉強する。人間の心理。心の裏。政界の泳ぎ方

で、派手にやりすぎた道隆が糖尿で死に、道兼は七日関白。別にオレでなくても・・・と思っていた道長だけど女院が猛烈にプッシュしてくれて(なんと天皇の寝所までおしかけて徹夜で説得)、ついに一条帝が折れて母親の言い分をのんだ。

有能すぎない。野心もそれほどでもないし、自我が強すぎない。ま、バランスがとれている。ただしべらぼうに運がいい。なんせ兄が二人とも死んでくれた。気がついたら自分より上はいない。それが道長というわけですね。

一応は小説ですが、それほどフィクションは盛り込まれていない印象です。ほぼ事実(というか日記記述から)の羅列。そんな歴史小説、政治小説です。

そうそう、雑感。一冊を通してやたらめったら「火事」が出てきますね。御所とか内裏の出火。ほとんどが放火でしょう。京に不満は渦巻いていた。で、政府は「困ったあ・・」とか「至急に建て直し」とは考えるけど、予防のため厳重警備を・・とはたぶん考えない。当時の警察力からして不可能だったんでしょうね。出火があったらあわてて消すのが精一杯。豊かな国司あたりから献金させて再建すればいいさ。
そんな役に立たない貴族たちだけで、よくまあ400年近くも政権が続いた。誰も「打倒しよう!」なんて考えなかったんでしょうね。とって替わろうという発想そのものがなかった()。不思議な国家、民族です。


この半年ほど、なんか本が読めません。前回感想書いたのが4月23日。これが今年の4冊目です。あは。

京に対する抵抗として思いつくのは「将門の乱」「純友の乱」「前九年・後三年」あたりでしょうか。最後が頼朝ですね。ただどれも「分離独立の試み」であって政権打倒が目的ではなかったような。

 

バカ陽気

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

暑い・・・

壊れかかった妻のマウスをみつくろうため、連れ立ってちょっと駅前まで。日頃の運動不足がたたって足が重い。少し速歩になると股関節に鈍痛がくる。気にしながらのろのろ10分ほど歩いただけで額に汗がにじむ。

まだ5月の中旬なんだけどなあ。地球が狂ってしまった。

ムーアの法則

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ムーアの法則というものがあります。ゴードン・ムーアという、たしかインテル創業の技術者が言い出した経験則で、大規模集積回路(LSI)は18ケ月くらいで倍の集積率になる・・・というもの。半導体の回路はどんどん細かくなる。製造コストも半分になる。ものすごいスピードで進歩()。

p10flu.jpg「18ケ月」はその後「24ケ月」になりましたが、ま、大差はないでしょう。結果としてLSIの代表格、パソコンのCPUの性能もどんどん上がる。処理性能が2年で倍なら4年たつと4倍。このへんまで進化するとあきらかに手応えが違ってきて、は、速い・・・という感じ。で、我慢できなくなってパソコンを買う。あるいは自作派だったら新しいCPUにする。

ただ実際にはムーアの法則も鈍化しています。もう2年で倍は無理になった。3年かな、4年かな。そういう訳で、最近は「PC買い換えサイクルは4~5年」が一般的でしょう。

私も当初の計画ではこの4月頃に自作PC組み直しを考えていました。たぶん生涯最後のPC自作。システムの核になるCPUはAMDのRyzen 7 7700か7700X。なぜ7000シリーズ?というと、ま、現行CPUと比べて速さがほぼ倍になるからです。価格も比較的リーズナブルだし。

「オーバークロック遊び」から足を洗って、平穏安定に動作するシステムを志向するようになったのが20年ほど前ですか。ずっーと一強だったIntelに対抗するAMD製品で、Athlon 64 3000+というCPU。速度指標(Passmarkの場合)がだいたい300ポイントだった。2005年でした。面白いのでここ20年の使用CPUを表にしてみましたが、確かにほぼ「倍」か「倍々」で買い換えてきたようですね。

 CPU  Passmark
購入
TDP
AMD Ryzen 7 7700? 35000? 2024年? 65W?
AMD Ryzen 5 3600 17841 2020年 65W
Core i5-2500K 4087 2012年 95W
Athlon II X2 250 1069 2010年 65W
Athlon 64 X2 3800+ 623 2007年 89W
Athlon 64 3000+ 303 2005年 67W
AMD Athlon XP 1800+ 195 2002年 51W
Celeron 300A ? 1999年 17.8W

ちなみにTDPとは「Thermal Design Power(熱設計電力)」。ごく大雑把にいうと、ベースになる消費電力量です。だいたいこれが大きくなると、性能はアップする。その代わり比例して発熱も増える。実際にTDPと性能がきれいに比例しないのは、技術革新のおかげです。

(回路あたりの消費電力は非常に小さくなったものの、集積率が高くなるとそれだけ発熱が増える。高TDPかつ小さくて密集=べらぼうに熱い。簡単に100度越えです)

ryzen3600.jpgまたPassmarkはCPUの速度を計る指標です。ちょっと前まではこれが代表的なベンチマークソフトでした。数字が大きいほど高性能です。

で、例にあげたRyzen 7 7000XはTDPが105Wで、熱いので有名なインテルCPUに比べるとわりあい大人しいです。ちょっと頑張った空冷ファンクーラーでも冷却できるのが嬉しい()。それでも105Wはかなり熱いので、あえて性能を少し落としたのが無印の7700でTDP 65W。少し性能ダウンの代わりに発熱量を大きく減らして使いやすくする。面白いCPUです。

ところが困ったことに、春先から大円安の進行が始まりました。アベとクロダの置き土産。あれよあれよの高騰で、1週間で2割くらい上がったかな。ただでさえRyzen関連はマザーボードもメモリも安くないのに、肝心のCPUがアホみたいに高くなったんで、さすがに中止。様子見モードに変更しました。

落ち着いてみると、うーん、タイミングが悪いんですね。というのは今年の後半あたりにAMD Ryzenの新しい製品が発表になるらしい。Ryzen 9000シリーズ。これがかなり優秀で、ウワサ半分、たぶんウソでしょうけど「40%増」とかいう数字も踊っている。たぶん6月頃にはAMDのCEO リサ・スーというおばはんがスピーチするはずで、ある程度の詳細がわかるはず。性能。速度。TDP(発熱)。価格。などなど。

せめてその発表までは待つか・・・という状況なわけです。

ということで、待っています。待っていると、うーん、つまらないですね。

つまらないです。

この半導体の技術革新に日本はついていけなくなった。世界のトップと比べると微細化技術ではもう何周遅れになるのか。それなのに経産省はまだ「一気に追いつく」とか強がって新工場建設とか。やめればいいのに。
日本の半導体産業がダメになったのは政府の責任だろうと思っています。余計な口を出し続けて邪魔ばかりした、たぶん。
旧通産省指導、護送船団方式で大成功したのは大昔の夢。ナンバーワンだったんですけどね。
空冷ファン → 空冷で間にあわなければ、水冷クーラーです。かなり大がかりになる。

 

公道に落とし穴

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんなふうにありふれたページを読んでいて最終行へ。※続きは「次のページへ」をclick!  
いちばん下には < 1 2 3 ・・・ とリンクが貼ってあり、個別ページへ飛べそうな雰囲気です。よくある形ですね。

bad-ad1.jpgしかし、その中間が問題です。本文のすぐ下に目立つ形で 次のページ→ の色画像がある。なんとなくクリックしたくなります。下の小さな「次のページへ」と同じリンク先だろう、ふつう。

 

で、つい色画像をクリックすると画面が一変!! 緊急事態!! 管理者がどうかと。ログインしろとかマイクロソフトのサポートに電話しろとか。緊迫。大変だ、 大変だ。

 

マイクロソフトは決して、こんなに親切なことはしません。ふつうに連絡とろうとしたって非常に面倒な会社です。ついでに電話番号の「0101・・・」は国際電話です。騙されないように。

bad-ad2.jpg

 

この方式。最近よく出くわすようになりました。わりあいノーマルな(ふつうの)ページなんですけどね。おおっぴらに「罠」がしかけてある。広告会社の審査が甘いのかどうなのか。公道に落とし穴があるようなものです。

危ない時代になりました。

 

 

洗面台の収納扉

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

洗面所の収納扉、ようするに顔を洗うボウルの下にある収納部分の扉ですね。これがガタガタするようになってきた。左右がきっちり合わないわけです。閉めようとすると少しぶつかる。

面倒なことになったなあ・・と思っていました。蝶番()を閉めなおすことになるんだろうけど、低いところをゴソゴソすると腰が怖い。うーん、すこし暖かくなってからにするか。

で、風かおる五月。ふと思い立った。低い台をもってきて、ドライバーを持って、じっくり座り込んで懐中電灯で照らす。ん? 懐中電灯ってい言い方は古いんだろうな。昭和の道具。なんというんだろう。ハンディLEDライトかな。あほくさ。

slide-choban.jpgやはりネジが固いです。下手するとネジ山をなめるなあ。うーん・・・念のためこのテの蝶番の構造をネットで確認しておくか。そのほうが賢明。

わかったこと。はい、大正解。無理やりネジを外したりしなくてよかったです。

写真のような蝶番。スライド丁番というらしい。それぞれのネジには役目があって、細かな調整ができるようになっている。たとえば扉を左右にズラすには赤矢印のネジをまわす。上下ならまた他のネジ。どれがどれだったか自信がなくなったのでここでは書きませんが、ようするに上下左右前後、すべて役目があり、調整できる。(詳細はネットで調べてみてください)

回してみました。はい。説明のとおり。ズレていた扉板が(この写真の場合)左に傾いて動き、いままでの干渉がきれいに解消。スムーズに開閉できます。

嬉しいです。かなり、嬉しい。

蝶番、左右の扉、上下で計4コついてます。蝶番=丁番。同じ意味です。

 

新緑

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

妻子に連れられて、八王子、豆腐料理のお店へ。庭の立派なところで、軒下を仲居さんが大きな盆をもってパタパタと行き交っている。新緑が輝いてしました。

ukai2024.jpg

そんなに品数もない豆腐コースなんですが、けっこう満腹。追加でオーダーした初鰹(お雛さま用みたいな少量の芥子と塩付き)もおいしかったです。わざわざ「初鰹」なんて銘打ったのを食べたのは何年ぶりか。たいていはたぶん戻り鰹。あるいは解凍ものです。

 

またやられた

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

暑くなってきたのでビールを注文。24本入りのダンボールです。

takuhai202404.jpg午前中に「商品を1つ本日お届け予定です」のメールが入ったので、念には念を入れて「玄関前に置き配」をきちんと指定。最近はきちんと守られてるんで、ま、安心していました。でも、またやられた。

ビポーンとチャイムが鳴った。あっ、これは一階のロッカーに放り込んだ合図だ。しまった・・・。

重いんだけどなあ。一階の玄関ホールまで小さいカートをもって降りて、9キロ近いダンボール箱をロッカーから出して、安定しない折り畳みカートに積んで、ゴロゴロと引く。もうトシで腰が心配なので、これ、やりたくないんだけどなあ。

かなり腹がたちます。これで何回目になるのか。「かまうことない、入れてしまえ・・」という配達人の顔が見えるようで、メールに記載の『配送業者: Amazon』という文字をみると、いやーな気分です()。

Amazonという配送会社があるわけではなく、契約の小業者や個人をまとめて「Amazon」と総称しているようです。

 

オリヅルランの切り戻し

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

kunshiran2024.jpgオリヅルランの葉が汚くなったので、思い切ってザクッと切りました。きれいに表現すると「切り戻し」。実際には、ケチョンケチョン、2センチほど残して丸坊主にしただけです。

切りすぎたかなあ・・と少し心配でしたが、強いなあ。この10日ほどの暖かさでしっかり伸びてきました。

去年の5月に大幅整理して土を換えたクンシランもしっかり花をつけています。エライ。

クンシラン→

 

 

orizururan2024.jpg同時に買って、やたら元気な白セージにくらべてヒヨヒヨしていた赤のチェリーセージも、ま、虚弱児ながら小さなツボミをもちました。みんなエライ。

自分がこんなふうに花なんかに関心もつようになるとは、まさかの意外です。

 

 

「ロボット・オペラ」瀬名秀明

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

robotopera.jpg光文社★★★

ずーっとテーブルの上に積んであった本。やたら存在感があって、こっちを圧迫してくる。読め。読め。読まないつもりなのか。ん??

びっしり組んであって、どこかに「771 pages」と記してありました。あははは。必死に半分ほど読みました。

中身は、ま、瀬名秀明のロボット解説。それに彼が選んだロボットテーマの内外短編たくさん。フィリップ・K.ディックとかロジャー・ゼラズニイとか、未読のものが多くて、なかなか面白くて、もう少し借りておきたかったんですが、期限が切れた。

読み切れはしなかったですが、また借りたい本です。ただ、重すぎる。大きすぎる。

 

予算委員会

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

なんとなくテレビをつけて予算委員会。

なんとなく顔を知っている維新が質問していました。なるほど、藤田文武、43歳。若いけど幹事長だったかな。(同じようなタイプだけど音喜多は40歳で政調会長)。

実際にしゃべるのを初めて聞きました。よく口がまわります。たぶんアタマもまわる。

維新という党、何もないところに橋元が強引に土台をたたき上げて、松井とか馬場が粗壁を構築しているような印象。部屋ができたあとは肌合いをかえて、この藤田とか音喜多の時代になるのかな。はて、それじゃヨシムラはんは? ヨシムラはんがどこに位置するのか、実はよくわからないです。